介護報酬はどうして低いのか

illust293

では、介護業界はどうして平均賃金が低いのでしょうか。

介護報酬が低く、報酬内で事業運営をするため、給与を引き上げる余裕がない、というのが根本的な問題です。

わが国では介護は家族が担うのが一般的でした。それを介護保険制度によって「介護の社会化」を目指しました。

もともと家族=無料だったものを、制度を作り「有料」にしたため、介護報酬を医療報酬レベルに設定するのは難しかったのかもしれません。

介護に携わるスタッフへの社会的な評価が低い要因の一つもそこにあります。

そのため、経営者の中には「低賃金で構わない」と思う人も多いようです。

これは介護福祉士や社会福祉士が、同じ国家資格でありながら医師や看護師、薬剤師などに比べて歴史が浅く、医療職のように救命に直結しない、という点で医療関係団体が福祉関係団体より優位という構造が成り立っているのと無縁ではないようです。

こうした待遇の低さに加え変則的な勤務が多いため肉体的負担も高く、その結果が離職率の高さに表れています。いまやあらゆる介護職において、有資格者・無資格者を問わず極めて短い期間で離職する人の数が全国的に増加しつつあります。

これこそが今の介護業界が抱える大きな問題であり、早急に解決しなければならない課題でもあります。