薬を調合していれば良かった時代は終焉

処方塵の院外化により調剤薬局市場は年々拡大しています。

しかし調剤薬局も十年前と比較すると、その内容は全く違います。病院勤務の場合もそうですが、かつて薬剤師は薬の専門家に徹するだけで十分役目を果たしていました。

しかし、調剤薬局が増えたため店舗間の競争が激化し、生き残りをかけたサバイバル戦争が始まっています。

そのため調剤薬局の多くが他店と差別化を図ろうとし、ポイントカードを導入したり、高齢者に対しての移送サービスや薬のデリバリーサービスなど新たなサービスを実施するようになりました。

当然、顧客に接する機会が増えますので、顧客との円滑なやりとりをするコミュニケーション能力が求められるようになっています。

もはや薬剤師が「クスリを調合していればいい」という時代ではないのかもしれませんね。